鳥崎八景

2014年11月14日

【平成26年11月14日更新】

本日から来年5月18日までの冬期間、上大滝までの道路が通行止めとなりますのでお知らせします。

規制解除となりましたら通知させていただきます。

**************************************

【平成26年7月5日更新】

通行止めが解除となり、上大滝まで通常通り見に行くことができるようになりましたので、お知らせします。 

**************************************

【平成26年6月23日更新】

上大滝が通行可能となりました。

ただし、以下の日程で工事が行われるため再度通行止めとなりますのでお知らせします。

工事日:平成26年7月1日(火)から5日(土)

 

**************************************

【平成26年5月30日更新】

昨年の土砂崩れにより通行止めとなっていました鳥崎八景ですが、解除となりましたのでお知らせします。

ただし、上大滝については、現在工事中のため通行できません。

工事が終わり次第ホームページにてご連絡します。

 

**************************************

ヒグマの出没情報

平成23年7月14日(木)午後4時頃、鳥崎八景の『上大滝』付近にてヒグマの目撃情報がありました。 昨年の8月にも同様の目撃情報があり、お越しの際には"音の出るもの"や"目立つ服装"をされ、ヒグマに遭わないように十分注意してください。 また、ヒグマのエサとなるゴミは絶対に放置せず持ち帰るようにお願い致します。 

アウトドアを満喫することができる鳥崎八景。 国道5号線から鳥崎川にそって自然あふれる山間部へ向かうと、そこには美しい渓谷があり、なかでも河口から4kmから12kmには原生林の中に八景を設定しております。 紅葉時期などに特に人気となりますが、新緑の季節や万緑の季節もおすすめです。 渓谷内には、休憩やキャンプに最適な多目的広場もあります。(鳥崎八景の画像はクリックにより別ウィンドウで拡大されます。)

 

◆鳥地獄(とりじごく)(国道入口から約2キロ)

 


鳥地獄073.jpg



地中から炭酸ガスが発生しているところで、野鳥が窒息死していたこともあることから、この名が付いたといわれています。

 

 



◆屏風崖(びょうぶがけ)(約2.5キロ) 




画像 014.jpg 

 

高さ約100メートルもの断崖が約2キロにもわたって、屏風をめぐらしたかのように続いています。

 


 

 

 ◆二見ヶ滝(ふたみがたき)(約4キロ)



二見ケ滝006.jpg 

 

深い樹林の中で、二股に分かれた滝が静かに流れ落ちます。四季を通じて流れ落ちる水量の変化が少ないこの滝の紅葉の季節は、ことに必見の美しさです。

 


 

 

◆獅子狭間(ししはざま)(約4.5キロ)



 獅子狭間050.jpg 

 

神楽を舞う獅子頭のような奇岩が、川岸に直立しています。周囲は、この岩の名から獅子狭間(はざま)と呼ばれています。

 



 

 

◆虹懸巌(にじかけいわ)(約5.5キロ)

 

 

 

虹掛巌ホームページ.jpg

 

岩根に時おり虹が架かることから、この名がつきました。樹木が密生し、川面に映る緑が美しいポイントです。 

 

※『虹懸巌』付近は、落石の危険のため車両通行止め

 


 

 

◆駒ケ岳ダム(こまがたけだむ)(約7.5キロ)



DSCF6900.JPG

 

水をたたえた湖面が、付近の風景と見事に調和しています。

 



 

 

◆新鳥崎大橋(しんとりざきおおはし)(約8キロ)



鳥崎大橋ホームページ.jpg 

 

駒ケ岳ダムを横断する橋の上から、湖岸の緑と周囲の山々が見渡せます。特に秋の景観が見ものです。 

 

 



◆上大滝(かみおおたき)(約10キロ)



IMG_9632.jpg 

 

アイヌの人々も「ポロソー(大きな滝)」と呼んだダイナミックな滝。10mもの高みから水煙をあげる様は壮観です。 






大きな地図で見る

お問い合わせ

商工労働観光課
電話:7-1284