自動胸骨圧迫システムについて

2021年1月5日

 令和2年12月に森町消防署砂原支署へ「自動胸骨圧迫システム」を導入し、運用開始しました。


  突然、心臓が止まってしまった人に対して行う重要な応急処置は胸骨圧迫(心臓マッサージ)を絶え間なく続けることです。

  救急隊員が手で胸骨圧迫を途切れることなく実施していますが、移動する時や階段等を使用する場合は、一時的に中断せざるを得ない状況でした。

  今回導入した自動胸骨圧迫システムを装着することにより、胸骨圧迫を中断していた場面でも絶え間なく胸骨圧迫が実施できるようになります。

  また、長時間でも有効な胸骨圧迫が可能となり、救命率の向上につながります。


  今後、心肺停止の人への救急活動において「自動胸骨圧迫システム」を使用することがあります。

  ご理解とご協力の程、よろしくお願いします。

 

        LUCAS3.jpg

         画像は、訓練用の人形に 「自動胸骨圧迫システム」 を装着している様子です

 

 


 

お問い合わせ

森町消防本部
■消防本部・救急係 ■砂原支署・救急係
電話:01374-2-2125 , 01374-8-2156