リサイクルプラザからのお知らせ【令和2年1月号】

2020年1月6日

 “野焼き„は犯罪です!!

 

 昨年は例年に比べ、違法焼却(野焼き)の通報が非常に多く発生した1年でありました。日常的に焼却をしていた事案が多く、法律違反により事件として立件された案件も数多くありました。

 ドラム缶や素掘りの穴等での焼却はもちろんのこと、写真にあるような焼却炉でも基準を満たしていなければ犯罪行為となります。

 違反者には、厳しい罰則(5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金、又はその併科)が適用されます。

 野焼きは、煙害や悪臭等により周囲の方々に迷惑をかけるだけでなく、ダイオキシン類等の有害物質発生の原因になるとともに、常に火災の危険が伴うことから、環境課をはじめ、消防・警察と連携し、対応しています。

 「野焼き」は犯罪です!! 分別が面倒だからと燃やしてしまわずに、ごみはきちんと分別して決められたルールに従って出しましょう。

 

  

 事業系ごみ(商売に伴って排出されるごみ)は収集しません!!

 

 リサイクルプラザが稼働し、分別収集を実施して14年目を迎えておりますが、未だに事業系ごみのステーションへの排出が後を絶ちません。

 商店などから排出されるダンボールや商品を梱包していたナイロン、結束バンド、発泡スチロールなど、漁業に伴って排出される網、ロープ、機械などの漁業系廃棄物、住宅の改築等に伴って排出される建築廃材などの建設系廃棄物など、このように事業を営んでいる全ての業種の事業主から排出されるごみは、事業系一般廃棄物(ものによっては産業廃棄物)となります。これらのごみをステーションに出されても町では一切収集しません。ご注意ください。

 事業活動に伴って排出される事業系一般廃棄物や産業廃棄物は、廃棄物処理法上「事業主自らの責任において適正処理しなければならない」と規定されています。

 処分される場合は、町内の収集運搬許可業者に依頼されるか産業廃棄物処分施設に直接搬入し、処分されるようお願いします。

 

お問い合わせ

環境課
電話:8-3320