防災行政無線の屋外拡声器の撤去について(平成30年10月予定の屋外拡声器の撤去を再検討します)

2018年10月18日

森町では、防災行政無線デジタル化に向け、平成28年度から平成30年度の3カ年事業により整備を行なっています。

 

デジタル化により屋外拡声器は、「広報もりまち」にてお知らせしているとおり、

 

(1)戸別受信機が全戸に取り付けられることから屋外拡声器の数を削減する

(2)駒ヶ岳山ろく(火山対策)及び沿岸部(津波対策)へ重点的に設置する

という考え方に基づき進めており、屋外拡声器については、検討・精査を重ねた結果、

67箇所(現在100箇所)をデジタル更新、残りの34箇所を平成30年10月に撤去を予定しておりましたが、

災害時の情報提供の在り方等を考慮し、再検討を行います。

 具体的な方針が決定次第、改めてお知らせいたします。

 

なお、平成30年度の戸別受信機設置完了後は、防災行政無線の放送形態が次のとおり変更となる予定です。

 

・戸別受信機~防災情報及び行政情報を放送します。

・屋外拡声器~防災情報のみ放送します。行政情報は放送されません。

 

防災情報~地震・津波などの緊急放送や災害時の避難勧告・指示など

行政情報~献血や検診などの町民生活に必要な情報

 

※現在の防災行政無線放送は、こだま(反響)現象を防ぐため、ゆっくりと、かつ、一定の間をおいて放送していますが、

平成30年度以降からの防災行政無線放送では、通常の放送(間をおかない話し方)となります。

  なお、放送開始時期は、広報やホームページなどでお知らせします。

 

屋外拡声器撤去予定箇所.pdf(732KB)

お問い合わせ

防災交通課
電話:01374-7-1282