リサイクルプラザからのお知らせ【1月号】

2019年1月8日

 空きビン等のふたは取って水洗いしてください!!

 空きビンやペットボトルは、以前よりふたを取り、水洗いをして出すようにお願いしていますが、キャップがつき、中身が入り汚れたものが大変多くなっています。 

 空きビン等の処理は、リサイクルプラザに運ばれた後、一度袋から出して、手作業でキャップや異物を取り除きます。キャップのついたものや汚れたものなどが多量にあると処理作業に支障を来たすだけでなく、リサイクルできなくなる場合もあります。

 処理作業をスムーズにするためにも、特に調味料の空きビン等のキャップは必ず取り外し、水洗いして出すようご協力をお願いします。

 

 

生ごみは、しっかり水切りをして出しましょう!!

 新年を迎え、帰省されている家族も多くいらっしゃることと思います。寒さも一段と厳しくなり、鍋料理等の水分の多い食べ物が多くなってきます。

  “台所から出る生ごみは、十分水切りをして減量化・排出抑制にご協力をお願いします”

 また、機械式生ごみ処理機やコンポストの補助事業も実施しています。申し込み枠があと少しとなりましたので、有効活用してください。

 

 

生理用品や掃除用具等はトイレに捨てないでください!!

 現在、下水道に接続されていない家庭で汲み取られたし尿は、森町衛生センター(し尿処理施設)に搬入されてきますが、生理用品等の異物の混入が非常に多く処理に支障をきたしています。

 生理用品は、トイレットペーパーとは違い特殊な繊維素材でできているため、分解されずに機械に巻きつき故障の原因となっています。また、たわしやスポンジ等の掃除用品、カンチョウ容器なども混入しています。

 生理用品等の処分は、トイレに流さずに中身の見えない袋などに入れ、燃やせるごみ(青い袋)で出してください。

 

お問い合わせ

環境課
電話:8-3320