リサイクルプラザからのお知らせ【10月号】

2017年10月5日

有料指定ごみ袋(青45リットル)の不良品発生のお詫び

 

 この度、7月から8月にかけ有料指定ごみ袋(青45リットル)の一部において袋底部分の圧着不良により底が抜ける事案が発生したことで、町民の皆様には、大変ご迷惑をおかけいたしました。心よりお詫び申し上げます。

 この不良品の恐れがあるごみ袋(青45リットルのみ)は、7月5日から8月28日までに販売したものが対象であると思われますが、8月29・30日に販売店の該当商品を作り直して交換しております。8月31日以降の販売分については、問題ありませんのでご安心ください。

 不良品があった場合は、交換させていただきますので、購入店まで現品を持参されるか、役場環境課(リサイクルプラザ:電話8-3320)までお申し出くださいますようお願い申し上げます。

 今後、このようなことのないよう万全を期するよう努めてまいりますので、町民の皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

 

ペットボトルのラベルは、必ず取ってください!!

 

 以前よりペットボトルのラベル・キャップは、取って出すようお願いしてきましたが、ラベルのついたままのペットボトルがまだまだ多い状況です。収集されたペットボトルは、リサイクルプラザで圧縮梱包され、リサイクル協会に引き渡されます。この梱包されたベール(成型品)の品質検査が毎年実施され、その結果を踏まえ、再商品化の入札が行われますが、「ラベルなし」のものの引取り価格が「ラベルあり」のものより相当高値となります。

 また、先日品質検査を受けた際に、今後ラベルなしのペットボトルで引き渡すことが必須条件になる可能性があるとの情報がありました。

 今後、ラベル付きのペットボトルが少なくならない場合は、ルール違反シールを貼り、収集しないこともあるかもしれません。今まで以上にラベルを取ることを徹底し、森町のペットボトルもラベルのないペットボトルにしましょう!

 ペットボトルを排出する場合は、指定ごみ袋(橙色)にラベルの取ったペットボトル本体だけを入れ、ラベル・キャップは「その他のプラスチック類」で出すようご協力をお願いします。

 

不法投棄監視カメラを設置しました!!

 

 森町内のある町道でごみのポイ捨てが非常に多く毎日のように不法投棄の通報が入ってきます。今回、町と森警察署により重点的にパトロールを実施してきましたが、一向に減少しないため、監視カメラを設置しました。

 自家用車を運転中「これくらい、いいだろう!」と思っていませんか?町の景観を損ない、どんどん汚い街になっていきますよ! “ポイ捨ても立派な犯罪です„ 違反者には重い刑罰が科せられます。

 森町の豊かな自然と生活環境を守っていただくためにも、ごみのポイ捨ては絶対にやめましょう!!今後も「不法投棄は絶対許さない」という強い意志をもって未然防止の啓発・パトロール等を強化してまいります。町民の皆様には情報提供をお願いします。

 

 

お問い合わせ

環境課
電話:01374-8-3320