平成29年就業構造基本調査の実施について

2017年8月18日

就業構造基本調査は、正規・非正規雇用者の就業状況の違い、

高齢者・若年層の就業状況、育児・介護と就業の関係などについて、

全国、地域別に明らかにする調査です。

 

調査日

 

 平成29年10月1日現在

 

調査地域

 

 ・森町字本町の一部

 ・森町字鳥崎町の一部

 ・森町字砂原東3丁目

 

調査項目

 

 ・15歳以上の世帯員に関する事項(全員)

  男女の別、出生の年月、教育の状況、育児・介護の有無など

 ・ふだん仕事をしている人について

  雇用契約期間、仕事内容、1週間あたりの就業時間、現職に就いた理由など

 ・ふだん仕事をしない人について

  就業希望の有無、希望する職種、求職活動の有無など

 

調査方法

 

 北海道が任命した調査員が、調査票を世帯ごとに配布し、配布を受けた世帯は、インターネットで回答、または調査員へ調査票を提出していただきます。

・8月下旬~9月上中旬

  調査員が調査対象となる地域にお住いのすべての世帯を訪問し、『平成29年就業構造基本調査についてのお知らせ』を配布します。

・9月下旬

  調査地域の世帯の中から、さらに抽出された世帯を調査員が訪問し、調査への回答を依頼します。

・10月上旬~中旬

  紙の調査票での提出がある場合は、改めて調査員が調査世帯を訪問し、調査票を回収します。

※パソコンやスマートフォンでインターネット回答をした場合は、調査員が再度訪問することはありません。

 

その他

 

 ・統計調査員は北海道に委嘱され、調査員証を携帯しています。

 ・調査票の記入内容は、統計法によって厳重に保護されており、回答データは厳重に守られます。統計調査員をはじめとする調査関係者が調査で知り得た内容を他に漏らしたり、統計調査の目的以外に調査票を使用することは絶対にありません。

 ・インターネット回答における通信も、すべて暗号化され、不正なアクセスなどの監視も24時間おこなっています。

 ・調査の趣旨をご理解いただき、どうぞ安心してご回答くださるようお願いします。

 

関連情報

 

 総務省統計局ホームページ(平成29年就業構造基本調査)へ

 

tokei.gif

お問い合わせ

企画振興課
統計係
電話:01374-7-1283