平成29年度森町住宅用太陽光発電システム設置補助金

2017年4月1日

森町では、環境にやさしい持続可能な地域社会の構築を促すため、住宅用太陽光発電システムを新たに設置し、一定の要件に該当する方に対して補助金を交付します。
補助金の交付を希望する方は、下記掲載の申込書、または企画振興課に備えている申込書に必要事項をご記入の上、企画振興課まで提出して下さい。

受付期間 平成29年4月3日(月)から平成29年12月29日(金)まで
※予算(210万円)に達した段階で受付を終了します。
補助金額 1kWあたり7万円(上限3kWまで最大21万円) ※太陽電池モジュールの公称最大出力に1kWあたり7万円を乗じた額
補助金の対象となる方 以下の要件を全て備えている方が対象となります
  1. 森町内に住んでいる方または森町内に転入してくる方で、自ら居住する既築または新築の住宅に、新たに住宅用太陽光発電システムを設置しようとする方。(店舗兼用住宅を含む)
  2. 町の補助金交付決定後に工事を行い、平成30年2月末までに設置完了できる方。
  3. 本人及び同居家族に町税等の滞納のない方。
  4. 設置後1年間発電量などのデータを提出できる方。
補助金の対象となるシステム 以下の全ての要件を満たしている太陽光発電システムとなります
  1. 未使用品のもの。(新品のもの)
  2. 低圧配電線と逆潮流有りで連系し、電力会社と電力受給契約を結ぶもの。(自家使用を超える余剰電力を電力会社に売電することができるシステムのもの)
  3. 太陽電池モジュールの最大出力が10kW未満のもの。
  4. 発電量を記録できる装置(モニター等)が設置されているもの。
補助対象経費 発電システムを構成する以下の機械購入費・設置費
  • 太陽電池モジュール
  • 架台
  • 接続箱
  • 直流側開閉器
  • パワーコンディショナ
  • 交流側開閉器
  • 発生電力計
  • 余剰電力販売用電力計
  • 設置工事に係る費用(配線・配線器具の購入設置費用等)
設置後の運転状況の報告義務について この補助金を受けた方は、設置後1年間発電量等についての状況を報告していただきます。
発電システムの維持管理について この補助金を受けた方は、発電システムを法定耐用年数期間(17年)適切に維持管理しなければなりません。
やむを得ない事情(災害罹災等)で処分するときは、「処分承認申請書」の提出が必要となります。
交付申請の流れ

【補助金交付申請について】

「補助金交付申請書」に以下の必要書類を添付して、森町企画振興課まで持参して下さい。

  • 補助金交付申請書(様式第1号)
  • 本人及び同居家族の納税証明書
  • 納入証明書及び町税・使用料等納入状況調査承諾書(様式第2号)
  • 現に住所を有する市町村が発行する本人及び同居家族の納税証明書・納入証明書(森町外から転入してくる方)
  • 土地建物所有者の承諾書(様式第3号)(土地・住宅を借りている場合)
  • 発電システムの設置に係る図面
  • 経費の内訳が明記されている工事契約書の写し
  • 発電システムの最大出力が確認できる書類

【交付の決定】

補助金交付申請を受理したあと町で内容の審査を行い、適正と認めた場合は交付決定の通知をします。(交付決定前に工事を実施しないで下さい)


【設置報告】

補助金の申請者は工事が完了したときは「設置報告書」に以下の書類を添付して平成30年2月末日までに提出しなければなりません。

  • 設置報告書(様式第8号)
  • 発電システムの設置に係る領収書及び内訳書の写し
  • 発電システムの設置状況を撮影した写真
  • 電力会社との電力受給契約書の写し
  • しゅん工検査の試験記録書の写し
  • 補助事業者本人の住民票

【補助金の請求】

補助金の申請者から設置報告を提出された後、町ではその内容を審査して適正と認めたときは、補助金交付確定通知書により通知します。通知後に補助金交付請求書により補助金の交付を行います。

  • 補助金交付請求書(様式第10号)
様式等ダウンロード

本申請に必要な様式等は以下よりダウンロードすることができます。
様式はZIP圧縮されておりますので、ダウンロード後解凍し利用してください。

 

Word形式

様式等.zip(55KB)

 

PDF形式

様式等.zip(371KB)