2期目就任あいさつ

2016年11月1日

平成24年10月より1期目4年間の町政執行に際しましては、町民の皆様を始め森町議会議員の皆様方より、

深いご理解とご支援をいただき任期を全う出来ました事に、感謝とお礼を申し上げます。

 

このたび10月16日執行の町長選挙におきまして、無投票当選という光栄な結果により、

再び町政をお預かりする事になりましたことは、

私にとりまして大きな喜びでありますと同時に、改めて責任の重大さを痛感しているところです。

初就任から多くの課題に全力で取り組んで参りましたが、

4年間の中では未解決の課題も散見しております。

長い期間を必要とする案件もございますが、

2期目の与えられました任期中に少しでも多くの前進に繋がりますよう、持てる全力にて取り組んでまいります。

 

さて、東北大震災以降、地震や噴火、

更に世界的な規模で異常気象に因ると思われる自然災害が国内各地に多発しております。

安心して生活する為、防災関係の整備には、引き続き取り組んでまいります。

 

また、安定した生活には就労先の確保も欠かすことの出来ない取り組みです。

町内では一次あるいは二次産業が主たる就労先でしたが、

北海道新幹線の開業により森町を開業の地と選択される企業も増えると推察します。
町の魅力を更に発信し、交流人口の増加と共に、労働力の確保にも取り組んでまいります。

 

目標を見失うこと無く、たゆまぬ努力を続ける先に、必ずや叶うことを信じ、推進してまいります。

そして、森町で暮らし住んでいて良かったと実感していただけるよう、力の限り政策の実行に努めます。

 

私は、初めて挑戦した時の初心を忘れる事無く、常に町民の目線に立ち、

住みよい「まち」の創造に向け全身全霊を持って政策を推進してまいりますことをここに誓います。

町民の皆様には、より一層のご支援、ご指導、更なるご鞭撻を心からお願い申し上げご挨拶といたします。

 

 

森町長 梶谷恵造