【光ファイバ】地域情報通信基盤整備推進交付金事業における整備計画の事後評価

2016年7月25日

町では、町内の情報格差解消を目的として、平成21年度に地域情報通信基盤整備推進交付金を活用して光ファイバ網を整備し、超高速ブロードバンドサービスを開始しました。

今回、事業開始から5年が経過したことから地域情報通信基盤整備交付要綱第8条により事業の事後評価を実施しましたので、その内容を公表します。

 

この地域情報通信基盤整備推進交付金事業は、ブロードバンド未提供エリアとなっていた6地区(三岱地区を除く)とFTTH基盤のない地域に対して、FTTH方式で整備した設備をIRU契約により民間電気通信事業者に貸し出しを行うことにより、超高速ブロードバンドサービスを提供することの出来る環境に整備したものです。

 

地域情報通信基盤整備推進交付金事業における整備計画の事後評価.pdf(108KB)

お問い合わせ

総務課
電話:01374-7-1281