森町内の空き家・空き地を「売りたい」「貸したい」場合は北海道空き家情報バンクへ

2016年7月11日

北海道では道内の空き家及び空き地の有効活用を通して、

移住・定住の促進や住宅ストックの循環利用を目的として「北海道空き家情報バンク」の運用を始めました。
必要事項を満たしていれば、どなたでも登録できますので、

空き家・空き地の利活用をご検討されている方は是非ご利用ください。

 

北海道空き家情報バンク URL https://www.hokkaido-akiya.com/

 

hokkaidoakiyabank.jpg

 

■北海道空き家情報バンクの流れ■

about01.png

 

(1)空き家等の所有者が登録申請
 制度内容や物件情報の公開、個人情報取扱等について「同意」いただける場合は、

 Web上の登録申請フォームに物件情報等を入力し登録申請します。(書類申請も可能)
  ※登録には、登記されていることが必要です。

 

(2)管理者による申請内容の確認
 管理者が内容を確認し、仮登録(非公開)します。
  ※必要に応じて申請者に内容を確認します。

 

(3)申請物件の現地確認
 所有者等の立会いのもと、現地確認を行い、申請内容に不整合などがある場合は修正します。
  ※現地確認者:宅建事業者(不動産取引関係団体経由)、又は所在市町村
  ※原則、宅建事業者による仲介を行う制度のため、登録情報について、不動産取引関係団体に情報提供します。
  ※宅建事業者が仲介を行う場合は、媒介契約が必要であり、成約時に仲介手数料(宅地建物取引業法に基づく上限有)を支払う必要があります。
  ※現地確認の結果、申請内容に不整合があった場合は、変更申請が必要です。

 

(4)正式登録・公開
 管理者がWeb上に公開し、正式登録します。
  ※登録等の申請が完了した場合は、申請者に状況を通知します。


(5)利用者の閲覧
 登録情報について、複数条件で検索して、希望物件を探します。

 

(6)利用者の申込

  • インターネットの問合せフォームにより、利用希望者の氏名、連絡先等の必要事項を入力して連絡します。
     ※ 仲介事業者がいない場合、管理者から当事者同士の契約となることを説明し、物件の所有者等に利⽤者の連絡先を情報提供します。
  • 又は、インターネットに表示される物件ごとの問合せ窓口に直接連絡します。

 

(7)契約完了
 Web上の「変更・抹消申請フォーム」、又は「書類申請」により、仲介事業者、

 又は登録申請者、購入者等が成約済として申請し、成約済物件として「北海道空き家情報バンク」から抹消します。

 

■登録申請必要事項(登録申請前にご確認ください)■


【同意確認事項】

  • 良好な管理状態の空き家、空き地であり、かつ登記済であること
  • 申請する空き家等に係る税の滞納がないこと
  • 申請内容に誤りがないこと
  • 登録情報について、北海道、所在市町村と情報を共有すること及び所在市町村の空き家バンクにも掲載すること
  • 原則、担当仲介事業者(宅地建物取引業事業者)による仲介を行うこととするため、登録情報について、不動産取引関係団体に情報を共有すること
  • 登録情報について、北海道、不動産取引関係団体、所在市町村が現地確認する際の敷地へ立入すること
  • 登録内容を北海道空き家情報バンクホームページ上で公開すること
  • 北海道、北海道空き家情報バンクの管理者、所在市町村は、空き家等の当事者間の売買又は賃貸借に係る交渉及び契約について、直接関与しないこと
  • 暴力団員等ではないこと


【提出書類】

  • 登記簿謄本(登記事項証明書)の写し:書類又は電子データ(PDF・写真画像)
  • 物件写真(10点まで):書類又は電子データ(PDF・写真画像)
  • 図面等:書類又は電子データ(PDF・写真画像)
  • 周辺地図(書類申請の場合必要になります)
  • 媒介契約書写し(仲介事業者がいる場合):書類又は電子データ(PDF・写真画像)

お問い合わせ

企画振興課
振興係
電話:01374-7-1283