住宅用火災警報器とは

2011年4月1日

住宅用火災警報器

消防法、火災予防条例では、「住宅用火災警報器」と呼称しています。熱や煙を感知して、警報音や音声で火災発生を知らせます。

感知方法

煙感知式

 

  • 寝室 就寝中のたばこの煙など
  • 階段 下の階からの煙
  • 台所 こんろ火災など

 

熱感知式

 

  • 台所 こんろ火災など

 

警報システム

 

  • 単機能型
    火災を感知した機器だけが作動し警報音等を発するタイプです。
  • 連動型
    火災を感知した機器に接続された機器が警報音を発するタイプです。

 

電源

 

  • AC電源式
     家庭用の電源を使用し、配線を要するタイプです。
  • 電池式
     一般的な乾電池を使用するタイプです(使用する電池によって交換時期が異なります)

 

その他

 

  • 設置方法 天井に設置するタイプと壁に掛けるタイプがあります。
  • 補助警報機能 一高齢者や目や耳の不自由な方のために、補助警報音や強く発光して火災発生を知らせる機能を搭載したものもあります。

お問い合わせ

森町消防本部
電話:2-2125