後期高齢者医療制度

2012年4月1日

後期高齢者医療制度について

後期高齢者医療制度は、平成20年度4月から始まった高齢者の方の医療を国民みんなで支え合う健康保険制度です。

対象者は

75歳以上の方(75歳の誕生日から加入、手続きは必要ありません。)
65歳から74歳までの方で一定の障がいのある方(申請が必要です。)

制度を運営するのは

 道内の全市町村が加入する北海道後期高齢者医療広域連合が運営します。役場の窓口では受付や保険料の徴収を行います。

医療機関での自己負担は

 1割負担です。ただし、現役並所得者は3割負担です。(現役並所得者についての詳しい内容は直接お問い合わせください。)
 医療費が高額になったときの高額療養費など、今までの健康保険で支給されている医療給付と基本的に同じ扱いです。

保険料は

  1. 所得に応じて保険料がきまります。
  2. 加入者一人ひとりが支払うことになります。
  3. 年金から引かれる特別徴収は、仮徴収として4月・6月・8月に、本徴収として10月・12月・2月に引かれることになります。
  4. 年金から引かれる特別徴収を口座振替でも納めることができます。(申し出が必要です。)
  5. 原則として年金から差し引かれることになりますが、徴収する年金額(介護保険が引かれている年金)が 年間18万円以下の方や介護保険料と後期高齢者医療保険料をあわせて年金額の半分以上になる場合、後期高齢者保険料は普通徴収となります。
  6. 普通徴収対象者は役場から6月に納付書を送付します。年間保険料を9期にわけて郵便局や指定の金融機関叉は役場窓口・砂原支所窓口などで納付してください。
  7. 社会保険等の扶養になっていた方も保険料を支払うことになります。


被用者保険の被扶養者だった方については、所得割はかからないことになり、均等割も9割軽減されます。

平成24年度の保険料

平成24年度の保険料は、平成23年度の所得を基に計算します。
ただし、4月分、6月分および8月分の年金から差し引く保険料は、暫定的に平成22年の所得を基に計算しています。
正式な保険料は、支払い方法とともに、6月に個別にお知らせします。

年間保険料の計算方法

保険料の計算方法については、直接お問い合わせください。

お問い合わせ

保健福祉課
電話:7-1085