森町地域包括支援センターの仕事

2011年4月1日

森町地域包括支援センターでは、高齢者の皆さんが、住みなれた地域で自分らしく暮らし続けられるように、主任ケアマネージャー・保健師・社会福祉士など資格を持つ専門職員が相談に応じ、高齢者の総合的な支援を行います。

業務名業務内容
介護予防ケアマネジメント業務 寝たきりにならないように、やりたいことができるように、その人に合わせた介護予防の支援を行います。(例:要支援1・2の認定を受けた方の介護予防ケアプラン作成業務を行います)
総合相談支援業務 高齢者の身近な相談窓口となり、「介護に関する相談」はもちろん、「どこに相談するのか分からない」という悩みも相談を受けます。問題に応じて適切なサービスや機関の利用へつなげます。
包括的・継続的ケアマネジメント業務 高齢者の暮らしやすい地域を実現するため、介護支援専門員(ケアマネ―ジャー)の支援のほか、地域ケア会議を実施し個別支援の充実や、地域の関係機関とのネットワークづくりを行います。
権利擁護業務(けんりようごぎょうむ) 成年後見制度の紹介、虐待の早期発見と把握、消費者被害のための情報提供など、必要に応じて他の機関と連携して高齢者の権利を守ります。(高齢者虐待の相談・通報・届出の窓口です)

介護等でお困りの事がありましたら気軽にご相談下さい。相談を受けた個人のプライバシーや秘密は、固く守ります。必要な時には関係機関と連携を取りながら、スムーズに問題解決ができるようお手伝いします。

お問い合わせ

保健福祉課
包括支援係
電話:3-2322