介護保険料

2010年3月9日

65歳以上(第1号被保険者)の方の保険料


 

平成25年4月から平成26年3月までの保険料(合計額)

第1段階
◎本人が生活保護を受給している場合
◎本人が老齢福祉年金を受給し、本人及び世帯員全員が町民税非課税である場合

29,800円

第2段階
◎本人及び世帯員全員が町民税非課税で、本人の合計所得+課税年金収入が80万円以下場合(本人が単身の場合を含む)

29,800円

第3段階
◎本人及び世帯員全員が町民税非課税で、本人の合計所得+課税年金収入が80万円を超える場合(本人が単身の場合を含む)

44,700円

第4段階
◎本人が町民税非課税で世帯員の中に町民税課税者がおり、本人の合計所得+課税年金収入が80万円以下場合

51,800円

◎本人が町民税非課税で世帯員の中に町民税課税者がおり、本人の合計所得+課税年金収入が80万円を超える場合

59,600円

第5段階
◎本人が町民税課税で前年の合計所得金額が200万円未満である場合

74,500円

第6段階
◎本人が町民税課税で前年の合計所得金額が200万円以上である場合

89,400円


40歳から64歳(第2号被保険者)の方の保険料 


 

健康保険に加入している方

政府管掌健康保険、健康保険組合、共済組合などに加入している方は、従来の医療保険の保険料に介護保険料分を加え、ひとつの健康保険料として徴収されています。扶養されている40歳から64歳までの方は、個別に介護保険料の負担はいりません。

国民健康保険に加入している方

国民健康保険税は世帯単位にかかるもので、家族に加入者がいれば世帯主に納付する義務があります。
従来の医療保健分に介護保険分を合算した額を国民健康保険税として納めます。世帯に40歳から64歳までの被保険者がいる場合の介護保険料は、人数と所得に応じて計算されます。

介護保険料の納め方 



普通徴収

 

こんなときは普通徴収になります。(納付書により納めます)

  • 年度途中に65歳になられた方
  • 他市町村より転入された方
  • 老齢年金が年額18万円未満(月額1万5千円未満)の方
  • 老齢福祉年金受給者の方

特別徴収

年金受給月ごとの納付になります。いわゆる年金からの天引きとなります。保険料は、年金受給各月(4月,6月,8月,10月,12月,2月)の給付の年金から、直接納付されます。ただし、年金の現況届けの遅れ等により、年金受給停止となった場合、特別徴収から普通徴収となり、年金からの天引きができない期間が生じます。

簡単で簡単で便利な、口座振替をご利用ください。

ついうっかり、介護保険料を納め忘れてしまわない為に、手続きも簡単で便利な口座振替をご利用ください。口座振替の手続きは、現在利用している預金通帳及び通帳に使っている印鑑、保険料納付書をお持ちになり、森町指定金融機関または森町税務課納税係窓口までお越しください。


※ 年度途中に65歳になられた方は、受給している年金の種類・額に関係なく、普通徴収で納めていただきます。 (年金等支給決定後、およそ6ヵ月~10ヵ月後に天引きが開始されます。)

お問い合わせ

保健福祉課
電話:7-1085