戸籍に関する届出

2010年3月9日

こどもが生まれたとき(出生届)


届出の期間

お子さんが生まれて14日以内

届出人

父または母

提出に必要な書類

  1. 出生届・出生証明書(出生届についています。医師または助産婦に記入してもらってください。)
  2. 母子健康手帳
  3. 印鑑(届出人のもの)
  4. 命名は常用・人名用漢字、ひらがな、カタカナに限ります。

 

 

不幸があったとき(死亡届、死産届)


届出の期間

死亡の日から7日以内

届出人

親族(その他は直接お問い合わせください。)

必要書類等

  1. 死亡届・死亡診断書(死亡届についています。医師に記入してもらってください。)
  2. 印鑑(届出人のもの)

注意事項

埋火葬には埋火葬許可( 死亡届出提出時と同時に発行します。)が必要となります。許可を届出に来られる際には事前に環境衛生係に埋火葬予約を行ってください。

 

 

結婚するとき(婚姻届)


届出の期間

届出をすることにより成立

届出人

夫または妻

必要書類等

  1. 届出先に本籍がない場合は、夫と妻の戸籍謄本
  2. 夫婦(一方は旧姓)の印鑑
  3. 運転免許証、パスポート等、官公署の発行した顔写真付の身分証明書

注意事項

婚姻届には証人(成人2人)の署名押印、また結婚される方が未成年の場合には父母の同意が必要となります。なお、婚姻届を提出されても住所は変更されません。住所が変更になる場合は住民異動届を併せて提出してください。

 

 

離婚するとき(離婚届)


届出の期間

届出をすることにより成立

届出人

夫または妻(調停(裁判)離婚の場合は申立て人)

必要書類等

  1. 届出先に本籍と復籍する戸籍がない場合は戸籍謄本
  2. 印鑑(夫と妻別のもの)
  3. 調停(裁判)離婚は調停調書の謄本等を添付
  4. 運転免許証、パスポート等、官公署の発行した顔写真付の身分証明書

注意事項

離婚届には証人(成人2人)の署名押印が必要です。また離婚と同時または離婚後3ヶ月以内に届出を行えば、婚姻中の氏をそのまま使えます。なお、離婚届を提出されても住所は変更されません。住所が変更になる場合は住民異動届を併せて提出してください。

 

 

養子縁組届


届出の期間

届出をすることにより成立

届出人

養親または養子(15歳未満のときは親権者)

必要書類等

  1. 届出先に本籍がない場合は戸籍謄本
  2. 届出人の印鑑

注意事項

養子縁組届には証人(成人2人)の署名押印が必要です。また、未成年を養子にするときは、家庭裁判所の許可が必要です。(自己または配偶者の子や孫は除く)

お問い合わせ

住民生活課
電話:7-1084